LSAになりたい人

LSA養成講座(2020年度)

以下の3種類の講座を提供しております。
  1. オンラインでご受講いただく入門コース
  2. 入門コース受講後、開催地に実際に足を運んでご受講いただく本コース
  3. 本コースの授業を単発でご受講出来る公開講座

パンフレットでも説明しておりますので、クリックしてダウンロード後、ご覧ください。

LSA養成講座の申し込み

こちらのページをご覧ください。
※ご登録にお使いいただくメールアドレスですがメールでのやり取りが主になりますので携帯メール以外からのメールを受け取れない携帯メールのアドレスはお避け下さい。

LSA民間資格を取得する

NPO法人エッジは民間資格を取得できるカリキュラムを2020年度からすべてオンラインで受けられるようになります。忙しい方や 北海道、九州、沖縄だけではなくアジアを中心に海外からも受けていただけます。首都圏の方はいくつかの講座を教室で受けることができます。

民間資格として幅広い学習支援についての見地を得ることができ、通級や通常学級で活躍する特別支援教育支援員や放課後等デイサービスの学習支援、少し研鑽を積んで東京都の特別支援教室の専門員や教員免許取得、心理士などの専門職へ進む先輩たちも多いです。

保護者の方たちはすぐに学校での支援に入ることが難しくてもご自身のお子さんや親の会などでの支援に役立てることができます。認知症の高齢者のお世話にも当てはまることがいっぱいあり、幅広い分野で活躍している方がいます。

EDGEの学習支援員制度の成り立ちと経緯

平成17年から全国に先駆けて東京都港区の教育委員会と保健福祉部と社会福祉協議会ではざまにいる子どもたちの支援について検討する会を作り、助成を受けて、通常学級において、困っている児童生徒への支援ができる人材の育成と支援員が効果的に動けるためのシステム構築を実施しました。

初期に支援員になった方たちは各地で活躍しています。当時支援を受けていた児童生徒はすでに大学に進んだり、専門学校へ進むなど、一人一人が自分の得意やできることを生かして活躍をしています。

平成22年にエッジ主催、星槎教育研究所共催で、民間資格LSA養成講座を開始し、平成23年からはエッジと星槎教育研究所共催で、年1回実施してきました。2018年度からはエッジ主催で8日間のカリキュラム各地の教育委員会ともできるだけ協力して、港区で開発した講座を広げています。  これまでに横浜、川崎、帯広、郡山、宮崎、日南で開催してきました。

平成26年度からは入門コースはe-learningで自宅で、地方からでも、どこの国でも基礎コースが受けられるようになりました。 本コースは7月から順次始まります。平成30年より東京では一部をe-learningで学べるようにしましたので週末忙しい方や遠方の方たちでも受けやすくなりました。

参考文献