Asia Pacific Dyslexia Forum

Asia Pacific Dyslexia Forum 2020 (held in 2021)

Date
8th & 9th May 2021 9 to 18
Method
Online: Live broadcast, Archive (for one week)
Place: Okayama Convention Center
Participation in person at the venue capacity: 350
Online participation capacity: unlimited
Entry fee
¥6000、4th grade to university students:\3000, under 3rd grade: free
On line: ¥6000
Entry
Start on 6th March, 2021
Language
Japanese/English (Simultaneous interpretation or subtitle)
Organizer
APDF2020 Executive Committee(Chairperson Ms Eiko Todo / Vice Chairperson Prof. Akira Uno PhD)

Program

Heikki Luyytinen(UNESCO Chair)「Inclusive Literacy to All」※1
Catherine MacBride (香港大学)「アジアの言語とディスレクシア」※1
基調講演 若宮英司 基礎から学ぶディスレクシア
シンポジウム1座長:川合紀宗「わかりやすい合理的配慮」
シンポジウム2-1座長:宇野彰・安藤壽子「早期発見、早期介入 システム作り 」
シンポジウム2-2座長:宇野彰・安藤壽子「専門性の向上(教員の教育)」
シンポジウム3座長:村松暢隆「2E(twice-exceptional):ディスレクシア当事者の才能を活かす」
シンポジウム4座長:阿部利彦「インクルーシブな教育とディスレクシア」
ラウンドアップ座長:藤堂栄子「これからのアジア太平洋におけるインクルーシブ教育とESD」
岡山企画 1 座長:湯澤美紀「岡山における教育のこれまでとどこれから:特別支援教育推進プランと実践」
岡山企画 2 座長:丹治敬之「岡山における医療・教育・福祉の取り組みと連携」
  • 体験ブース(教材や支援機器、TRPGなど)※1
  • デジタル才能展※1
  • ポスターセッション※1

All the live session will be available online both live and on archive for one week
※1 available on archive


過去のAPDFAPDF History