【トピック】自立支援法の改正法案可決


【自立支援法の改正法案が2010年12月3日の参議院本会議で可決されました】

 本日参議院本会議で「障がい者制度改革推進本部等における検討を踏まえて障害保健福祉施策を見直すまでの間において障害者等の地域生活を支援するための関係法律の整備に関する法律案」が可決されました。

 私たち、発達障害関係者の悲願であったこの改正案の成立をもって、わが国の障害者福祉サービス体系に明確に発達障害が位置づけられました。
 発達障害者支援法によりその存在が公認され、理解と支援が義務付けられながらも、実際の支援サービス体系に位置づけられないために、市町村レベルで十分な支援がいきわたらなかったことが改善する法的な根拠を得られたことになります。
 今回の法律の成立で、やっと発達障害の人たちへの支援サービスが<当然求められることに変わります。年内にもこの部分については施行されることとなります。明確に発達障害が位置づけられ、児童段階からの支援が現実的に可能になることを根拠として、各関係団体の皆さんが生活する都道府県や市町村に、発達障害のある人たちと家族に対する支援の拡充を要望していくことが必要です。

PDFはこちら>>>成立後厚労省の記者会での発表の資料