第25回 DX会


◆2009年8月2日(日)

◆港区地域活動室

◆10人(男7名、女3名)

今回は、遠方の静岡や京都から参加がありました。
これも継続の効果でしょうか。
参加者がパラパラ2、3人集まった後、ワークショップを始めました。
クレヨンとA4サイズの白紙を用意し、
「①3つの願い、②贈り物、③5年間続けていること」から一つ選択して、
それを基に自分の考えを整理します。
一番多く選択されたのが「3つの願い」でした。
箇条書きに自分の思いつく願い、「1DX会継続、2夏の合宿成功、3与野党逆転」などを
文字、絵、イラストなどを交え描き、
発表しながら、自己紹介をして行きます。
参加者はだんだん慣れてきたので、それなりのストーリーを作ることができるようになりました。
その後、全体を5人ずつの二グループに分け、
「帽子」と「飲み物」の長所をどんどん言ってもらって、
二つのホワイトボードに書いていきました。
帽子チームは「日よけになる、頭が守れる、水が汲める等」
飲み物チームは「気持ちが落ち着く、身体が冷える、背が伸びる等」の長所が出てきました。
この長所提案に相手チームがどんどん質問して行き、アイデアを出した人が次々に答える、
「これなーにゲーム」は非常に盛り上がりました。
質疑応答に答えるたびに、自分が認められていることがわかりました。
最後に全員で拍手をして終わると気持ちが高揚し、満足な時間を得ることができました。
「だれかになにかを支援してもらう」ではなく「自分で、自分の生きる方向」を見つける。
この方針で、今回も参加者一人一人が手、口を使って奮闘しました。
参加者の皆さん、「元気」になったかな。次回の例会が又楽しみになりました。