シンポジウムSymposium

アジア太平洋ディスレクシア・フェスティバル2016 Asia Pacific Dyslexia Festival & Symposium 2016


本イベントは終了いたしました。
多数のご来場をありがとうございました。

ガイドブックをこちらからダウンロードできます。(PDF: 44M)

シンポジウム Symposium

※S.E.N.S・S.E.N.S‐SV有資格者は、特別支援教育士資格更規程第2条Ⅵ領域1により2Pが交付されます。(要シンポジウム2日間参加)

※Participants with S.E.N.S/S.E.N.S-SV certification will be conferred 2 pts under section 2-VI-1 of the S.E.N.S Certification Renewal Regulations (Symposium attendance on both days required)

※プログラム、出演者は変更になる場合がございます。予めご了承お願いします。

※ Please note that the program and speakers are subject to change without notice.

6月11日(土) Saturday, June 11

12:00 受付/ドアオープンRegistration/Doors Open

【シンポジウム1:アジア・パシフィック地域のディスレクシア教育:最新動向】
【Symposium 1:Recent trend: Education of Dyslexics in Asia Pacific Region

会場Place
ワークピア横浜Workpia Yokohama
※同時通訳サービスありSimultaneous interpretation available
企画Planner
柘植雅義 (一般社団法人 日本LD学会 理事長)Masayoshi Tsuge, Japan Academy of Learning Disabilities
座長Chair
齊藤由美子Yumiko Saito

ディスレクシアは、どの国においても、高い頻度で出現する障害であり、また、他の障害と比べて見えにくいことから、その理解啓発や、指導・支援のあり方、教育政策・施策のあり方などにおいて特段の配慮が必要である。
アジア太平洋地区においても、ディスレクシア教育は、障害のある子どもの教育の中においても重要な位置を占めており、各国の推進状況の共有や、それを踏まえての自国のディスレクシア教育の更なる推進に向けた検討は、必須のしかも緊急の課題となっている。
そこで、本シンポジウムでは、各国のパネラーから、各国のディスレクシア教育の最新動向を紹介していただき、アジア太平洋地区におけるディスレクシア教育の到達点を明らかにすると共に、各国の特色ある取り組みや課題を共有し、今後を展望することを目的とする。

Dyslexia is a disability with very high incidence in any country. Because it is difficult to be detected from outside compared to other disabilities, high level of consideration has to be given in order to raise awareness, give instruction, and set educational policies.
Education of dyslexics is given important position in education for children with disabilities in Asia Pacific region. It is one of necessary and urgent task to study the situation in different countries and to consider to promote education of dyslexics in own countries.
In this symposium, we have invited panelists from Asia and Pacific region to share the most recent trend of education of dyslexics in their countries and areas to clarify the achievement of education of dyslexics in Asia Pacific area and learn about initiatives and challenges in each area, in order to project for the future development.

6月12日(日) Sunday, June 12

8:30 受付/ドアオープンRegistration/Doors Open

会場Place
ワークピア横浜Workpia Yokohama
※同時通訳サービスありSimultaneous interpretation available
企画Planner
加藤醇子(クリニック・かとう、一般社団法人日本ディスレクシア協会)Junko Kato(Japan Dyslexia Association)
座長Chair
石坂郁代Ikuyo Ishizaka

【シンポジウム2:ディスレクシア児への英語指導の在り方】
【 Symposium 2: English tutoring for children with dyslexia】

アジア太平洋地域では、英語が公用語となっている国もあれば、英語は第2外国語として習得することを目指している国もある。英語には、文字と音との対応が不規則な単語が多く、ディスレクシアの頻度が高いと云われているが、反面、英国、米国などで開発されたディスレクシア児の指導法がそのまま使えるのかもしれない。例えば、英語も公用語となっているシンガポールでは、中国、マレーシア、インド、中東など様々な文化言語背景を持つ人たちが暮らしている。ディスレクシアの頻度、指導法、特に英語指導についての現状を聞きたい。一方、英語を第2外国語とする日本では、平仮名、片仮名、漢字が混在する文章を使い、平仮名、片仮名は文字と音との対応が1対1で規則的である。漢字は次に来る文字によって読み方が異なるので、読みが難しいが、英語のように音素を多用することはない。更に日本語の語順も英語とは非常に異なる文章であり、英語の習得は、日本のディスレクシア児にとって極めて難しい。IQ値が高いある中学生は、アルファベットの読みに1年かかり、フォニックスを用いて簡単な英単語を読むことに1年かかり、簡単な英文を読むことに更に1年を要した。このシンポジウムを通じて、今後、アジア太平洋地域におけるディスレクシア児への効果的な英語指導について、各国と共同研究に繋げていきたい。

In the Asia Pacific region, some countries have adopted English as their official language, while in others it is being learned as a second language or foreign language. The pronunciation of many English words is irregular - a feature that is said to contribute to a high incidence of dyslexia. Conversely, we may be able to use the tutoring methods developed in the United Kingdom and the U.S. without needing to make any changes. Singapore, for example, where English is one of the official languages, is home to people from diverse cultural and linguistic backgrounds, which include China, Malaysia, India and the Middle East. We hope to find out more about the incidence of dyslexia and the tutoring methods currently employed there - particularly for English. On the other hand, in Japan, where English is learned as a second language, we employ a writing system combining hiragana, katakana and Chinese characters. The pronunciation of hiragana and katakana is regular, with only one reading for each character. Chinese characters are harder to read as their pronunciation differs based on the character that follows, but the phonemes employed are not as diverse as they are in English. Furthermore, English employs a very different word order from Japanese, making it extremely hard to learn for Japanese children with dyslexia. One student with a high IQ score had to spend one year just to learn how to read the alphabet, another year to learn how to read simple English words by using phonics, and still another year to learn how to read simple English sentences. It is our aim to turn this symposium into an opportunity to engage in joint research with different countries, with a view to determining the most effective ways to teach English to children with dyslexia in the Asia Pacific region.


【シンポジウム3:ディスレクシア児にとって理想の学校とは】
【Symposium 3: Ideal schools for children with dyslexia】

会場Place
ワークピア横浜Workpia Yokohama
※同時通訳サービスありSimultaneous interpretation available
企画Planner
加藤醇子(クリニック・かとう、一般社団法人日本ディスレクシア協会)Junko Kato(Japan Dyslexia Association)
座長Chair
安藤壽子Hisako Ando

ディスレクシア児は、読み書きは苦痛であるが学ぶことは本来好きである。読み書きについては、その力に即した指導を行いつつ、良い能力を利用した学ぶ力、生きていく力を蓄える必要がある。それを実現可能な学校について考えていきたい。また、そのような学校を実践しているハワイのアセッツ校の取り組みを知り、本シンポジウム後、それを日本で実現するためには何が必要か、どのように実現可能か、ニーズがあるか、アジア太平洋各地域のニーズに即した学校やカリキュラムなどについての研究に繋げていきたい。

Although they have a hard time learning to read and write, children with dyslexia tend to enjoy learning. They need to undergo tutoring matched to their abilities in regard to reading and writing, and to develop the learning and life skills they require while leveraging their individual strengths. I hope we can think about what schools can do to make this possible. Also, having found out about the Assets School in Hawaii, which is successfully providing such an environment, after the symposium we hope to engage in research on what we need to do in Japan in order to achieve such aims, on the needs we are facing, and on how to ensure that schools and curricula match the needs of the Asia Pacific region.